Projectインターネット研究倫理の構築
-倫理問題の考察と
倫理ガイドラインの提案

This study investigates the ethics of Internet research in general, which uses the Internet as a means of communication and a place for research, and proposes ethics guidelines for Internet research. Research using the Internet has become widespread and has produced results, but depending on the method and content of the research, it may have harmful effects on individuals, groups, and society. It is also impossible to conduct and continue research without the understanding and cooperation of Internet users. While research on Internet research ethics has been conducted overseas since the late 1990s, it has remained largely untouched in Japan, causing problems. Moreover, we have not yet found an appropriate method of regulation for Internet social experiments targeting groups overseas. This research investigates Internet research ethics in foreign countries and translates the ethics guidelines of research institutions. Based on the research of research ethics and research ethics as the background, a draft ethics guideline for Internet research is prepared and proposed.

本研究は、インターネットを通信手段・調査研究の場として利用するインターネット研究一般の倫理を考究し、インターネット研究の倫理ガイドラインを提案する。インターネットを活用する研究が広く普及し成果を上げてきたが、研究方法やその内容によっては、個人や集団、社会に有害な影響を及ぼす。また、インターネットユーザーの理解と協力が得られない限り、調査研究の実施・継続は不可能である。インターネット研究倫理の研究は海外では1990年代末から実施されてきた一方、国内ではほぼ手付かずで、トラブルも起きた。また、集団を対象とするインターネット社会実験は、海外においてもまだ適切な規制の方法が見いだせていない。本研究は、海外におけるインターネット研究倫理の調査と、研究機関倫理ガイドラインの翻訳を実施し、その背景となる研究倫理・調査倫理の考究を踏まえたうえで、インターネット研究の倫理ガイドライン案を作成し、提案する。

Memberメンバー

  • OTANI, Takushi 大谷 卓史 Associate Professor 准教授
  • OSAWA, Hirotaka大澤 博隆 Assistant Professor 助教
Sponsors協力機関