エージェントはなにを助けるか:「変なホテル」における労働の分析

エージェントはなにを助けるか:「変なホテル」における労働の分析

接客をするロボットが提案されているが、実際にこうしたものはどのように人間社会に入り込むのだろうか?人文系の研究者と理工系の研究者との共同研究として、長崎にある世界初のロボットホテル「変なホテル」を調べた。その結果、タスクが分割されることにより自動化が促進されること、ロボットが矢面に立つことによって、労働者の負荷が削減されることがわかった。

  1. Hirotaka Osawa, Arisa Ema, Hiromitsu Hattori, Naonori Akiya, Nobotsugu Kanzaki, Akinori Kubo, Tora Koyama, and Ryutaro Ichise. 2017. Analysis of Robot Hotel: Reconstruction of Works with Robots. In IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, 219–223.
Comments are closed.