AgencyGlass: 人の感情労働・社会活動を補佐するデバイス

AgencyGlass: 人の感情労働・社会活動を補佐するデバイス

肉体労働や知的労働を補佐するロボット技術、情報技術が開発されてきました。しかし、労働者に精神的ストレスを与える感情労働の補佐技術はまだ提案されていません。我々は、感情的サイボーグと呼ばれる方法を提案し、人間の感情表現を装着可能な装置に置き換えます。 この研究では、人間の目の機能を代用する装置であるAgencyGlassを使用しました。 AgencyGlassの使用中にタスク処理時間と被験者の認知負荷を測定するための予備的な調査を行った 結果、AgencyGlassが人間と同様の共同の注意を払うことができることが示唆されました。本研究成果は盲目の人の視線表現を手助けするための応用が考えられます。

  1. Hirotaka Osawa. 2014. Emotional cyborg: complementing emotional labor with human-agent interaction technology. In Proceedings of the second international conference on Human-agent interaction – HAI ’14, 51–57. https://doi.org/10.1145/2658861.2658880
  2. Shi Qiu, Hirotaka Osawa, Matthias Rauterberg, and Jun Hu. 2016. E-Gaze Glasses : Simulating Natural Gazes for Blind People. In International Conference on Tangible and Embedded Interface, 563–569.
  3. Takeomi Goto and Hirotaka Osawa. 2016. Evaluation of a Substitution Device for Emotional Labor by using Task-Processing Time and Cognitive Load. In Proceedings of the Fourth International Conference on Human Agent Interaction – HAI ’16, 359–362. https://doi.org/10.1145/2974804.2980517
  4. Hirotaka Osawa, Takeomi Goto, and Bohao Wang. 2017. Wearable Social Prosthetics: Supporting Social Gaze with Artificial Eyes. In International Symposium on Wearable Computers, accepted.
Comments are closed.