Using Agency in Engineering Field

PickUpピックアップ情報

  • HAIシンポジウム2024発表 HAIシンポジウム2024発表 HAIシンポジウム2024にて、当研究室D1の呉意さん、M2の宮田貫誠さんが口頭発表を、B4の安藤美鈴さん、原野響さん、市川和磨さんがポスター発表を行いました。元特任助教(現長崎大所属)の岨野太一さん、D3の峯岸朋弥さんも参加し、盛り上がりました。 HAIシンポジウム2024の内容はこちらです。 https://hai-conference.net/symp... View More
  • 【研究発表募集】JSAI 2024オーガナイズドセッション「人工知能と物語応用」 【研究発表募集】JSAI 2024オーガナイズドセッション「人工知能と物語応用」 2024年度人工知能学会全国大会(JSAI 2024) オーガナイズドセッション OS-32「人工知能と物語応用」 2024年5月28日(火)〜5月31日(金) *OS開催日程調整中 静岡県浜松市  アクトシティ浜松 + オンライン 会場(会議室) *調整中 出版環境の変化および生成 AI による創作支援に伴い、創作を巡る環境が急速に変化している。これは、創... View More
  • KeioSci-FiCenter-慶應義塾大学サイエンスフィクション研究開発・実装センター 慶應義塾大学サイエンスフィクション研究開発・実装センター 本研究センターはアート・創作におけるSFの歴史とその変革を踏まえ、文学、工学、アートの研究者が共同で物語の価値を探索し、人類社会のイノベーションにつなげるための方法論としてのSFのあり方を探求する。本研究センターの目標は以下の4点である。 A. SFを中心とした物語の仕組みに関する文学・工学・美学横断的な研究 B. 情報技術等を用いた創造性支援技術の開発 C... View More
  • Projectサイエンス・フィクションが示唆する未来の発達・加齢観の分析 サイエンス・フィクションが示唆する未来の発達・加齢観の分析 本研究では、今までのSF作品の調査を通じ、人々の対人関係や死生観がSFにおいてどう扱われてきたかを分析し、合わせて、SFを用いて専門家や作家が議論し、現状の技術革新および生涯学の知見を反映した未来の人々の生涯のビジョンを描くことで、文学的な想像力を生涯学に接続し、超高齢社会における発達・加齢観の刷新を目指す。 View More
  • Project 	人工知能と虚構の科学―AIによる未来社会の想像力拡張 人工知能と虚構の科学 本研究は社会におけるフィクションの制作と受容のされ方が、人工知能技術により根本から強化・変革されつつある中で、改めてフィクションの認知・社会に与える影響を分析し、その応用を提案する。虚構の物語の創作過程や創作物の影響に関する議論を、フィクションが与える影響について一度根本に立ち戻って「虚構の科学」を議論する。美学・哲学、認知科学、知識科学、経営学、人工知能研... View More

Aboutヒューマンエージェント
インタラクション
ラボラトリーについて

本研究室では、人間と人間の認知したエージェントとのやり取りを、対人実験を介して分析すると同時に、センサ、アクチュエータ、プログラムを組み合わせ、人とシステムの間に介在する新しいエージェントシステムを作り出し、将来の社会の中で活躍する人工システムのあり方を探ります。

The goal of our lab is to proposing several usage of agent and agency to the society. Human-agent interaction is on the intersection of artificial intelligence, human interface. cognitive science and other related studies. Everything related to the HAI is our target. For example, what kind of expression evoke a user as an agent (like shape, motion, behavior, and auditory and visual changes), how to create credible agent, and the mutual behaviors of agents and effect for users.

Learn More

HAI ABOUT HAI ABOUT

Projectプロジェクト

  • KeioSci-FiCenter-慶應義塾大学サイエンスフィクション研究開発・実装センター Science Fiction Reserach and Development Center, Keio University 慶應義塾大学サイエンスフィクション研究開発・実装センター 本研究センターはアート・創作におけるSFの歴史とその変革を踏まえ、文学、工学、アートの研究者が共同で物語の価値を探索し、人類社会のイノベーションにつなげるための方法論としてのSFのあり方を探求する。本研究センターの目標は以下の4点である。 A. SFを中心とした物語の仕組みに関する文学・工学・美学横断的な研究 B. 情報技術等を用いた創造性支援技術の開発 C... View More
  • Projectデザインフィクションを用いたサイバネティック・アバター社会の探索 Exploring Cybernetic Avatar Society Using Design Fiction デザインフィクションを用いたサイバネティック・アバター社会の探索 本研究では、人々がコミュニティに応じて別々の身体をもとにした人格を使って社会と接することができるサイバネティック・アバター社会における身体的共創のあり方を、複数の専門家が共同で未来のあり方を探索する SF プロトタイピング手法によって検討する。 View More
  • Projectサイエンス・フィクションが示唆する未来の発達・加齢観の分析 An Analysis of Science Fiction's Implications for Future Views of Development and Aging サイエンス・フィクションが示唆する未来の発達・加齢観の分析 本研究では、今までのSF作品の調査を通じ、人々の対人関係や死生観がSFにおいてどう扱われてきたかを分析し、合わせて、SFを用いて専門家や作家が議論し、現状の技術革新および生涯学の知見を反映した未来の人々の生涯のビジョンを描くことで、文学的な想像力を生涯学に接続し、超高齢社会における発達・加齢観の刷新を目指す。 View More
  • Project 	人工知能と虚構の科学―AIによる未来社会の想像力拡張 Science for Artificial Intelligence and Fiction 人工知能と虚構の科学 本研究は社会におけるフィクションの制作と受容のされ方が、人工知能技術により根本から強化・変革されつつある中で、改めてフィクションの認知・社会に与える影響を分析し、その応用を提案する。虚構の物語の創作過程や創作物の影響に関する議論を、フィクションが与える影響について一度根本に立ち戻って「虚構の科学」を議論する。美学・哲学、認知科学、知識科学、経営学、人工知能研... View More
  • Project協力ゲームHanabiを用いた協力行動生成プロセスの解明 Analysis of Cooperative Action Generation Process Using Cooperative Game Hanabi 協力ゲームHanabiを用いた協力行動生成プロセスの解明 本研究ではHanabiを用いて、参加する人間同士が、思考時間、感情、内発的動機、リスク傾向など、相手の意図をどのように読み取り、相手と協力できるような共有シグナルを作り上げていくかを検証する。本研究では、Hanabiの人間同士のプレイを分析し、それを元に、言語、非言語情報を含めたコーパスを作成する。作成したコーパスを用いた分析によって、心を読む能力に必要とな... View More

All Projects

Memberメンバー

大澤 博隆 OSAWA Hirotaka大澤 博隆
Associate Professor, Keio University / Visiting Associate Professor, University of Tsukuba
慶應義塾大学 理工学部 管理工学科 准教授 / 筑波大学システム情報系 客員准教授

All Member

More Archives